オビヂエンス訓練の10ポイント

犬の服従訓練

使役犬ではない犬のコマンドのセットは様々なものです。ある飼い主はスリッパを持ってくるようにコマンドをしますが、あるオーナーは警備するように指示を出します。ワンチャンたちは学能力が高くて、いろいろなコマンドが覚えられます。

そういう訓練の第一の目的は教育なので、ペットはきちんと禁止を理解するようにしないといけません。それによって人間との生活が楽なるし、ワンチャンの社会化によって、安全な散歩ができます。

育てる上においての第一のアドヴァイスは、しつけや訓練の場所についてです。それはある程度スペースが広くて、他の動物や人がないような場所にした方がいいです。そして新しいところなら、最初は犬がその周辺を研究できるように、時間を与える必要があります。それによって訓練中にワンチャンがしっかりと集中できるようになります。

第二ですが、定期的にトレーニングを行うことです。例えば、毎日30−40分から初めて、後で1時間−1時間15分まで延長します。6ヶ月以下の子犬なら、15−20分のトレーニングがいいです。ドッグトレーナーに通う場合、授業中のポイントを覚えて、トレーニングがない日にオーナーが同じトレーニングをした方がいいです。

第三のアドバイスです。それぞれの犬種にはそれぞれの特徴があります。その特徴に応じて、訓練を行った方がいいです。闘犬なら、飼い主が強い意志を持つ必要があります。きちんとオビヂエンストレーニングを行ったら、周りに危なくない犬になります。シベリアンハスキー がフレンドリーの犬ですが、わがままです。それも訓練によって修正する必要があります。

子犬訓練

第四のポイントですが、訓練中に犬に対して暴力を振ってはいけません。不満を言ってもいいですが、暴力の場合は、信頼関係を作ることが不可能だし、犬が神経質になって、飼い主から逃げるようになります。そしてワンチャンがコマンド 通りにさせるようにモチベーションを作った方がいいです。それによって犬がコマンド を肯定的に受け取って、楽しく従うようになります。それによって楽しいペットとの関係になります。

第五のポイントです。ドッグのモチベーションはよくおやつ、それとも飼い主の口調になります。口調は同じ人の場合にも、日によって違うかもしれないので、クリッカーを使うことができます。ワンコにおやつばかりあげるのは健康によくないので、うまくコマンド を実行したら、クッカーによって誉めます。

犬の訓練用クリッカー

第六です。しつけを行うのは一人だけの飼い主です。数人が違う方法でコマンド を教える場合、犬が迷うようになって、勉強時間が長くなります。他の家族の会員も犬のコマンドを知る必要ですが、教えるのは一人だけです。

第七ですが、コマンド を一度か二度だけ言います。もっと頻繁にいうと、犬が数回コマンドを言わないと聞けなくなります。

第八です。コマンドの順番ですが、それを変えた方がいいです。犬が次は何しないといけないのかについて、知らない方がいいです。もし今日は「来い!」というコマンドの後で「吸われ!」というコマンドだったら、次の日に「来い!」の後で他のコマンドを言います。

第九です。コマンドを教える時にジェスチャも大事です。外で静かにしないといけない場合、ジェスチャでコマンドを出すことができます。そしてIGP訓練試験のようなイベントにそのやり方はお役に立ちます。

第十のポイントです。犬が一人一人は個人的な性格を持っていますので、しつけやトレーニングの時に個人的な対応が必要です。犬の犬種、年齢、大きさ、特徴などが訓練に影響を与えます。

犬の引っ張りから何も助からないなら、プロングカラーによって犬の行為を改善しましょう!このようなステンレス鋼製のプロングカラーは最適です!