プロング・カラー・スパイク・カラー

犬用のプロングカラー

犬用プロングカラーが必要かどうかについて疑問に思いますか?確かに、ピンチカラーによって、トレーニングやコマンドに費やす時間を減らすことができます。

もちろん、大型犬種を飼う場合、ピンチカラーが欠かすことのできない犬用品です!パグ犬でもプロングカラーをつけたケースを知っています。本当に頑固なペットにピンチカラーを使用されます。

3ヶ月の子犬や5ヶ月の子犬ピンチカラーがつけては行けません。一般的な首輪が十分です。大型犬の子犬ですが、常にリードを引くのではなく、ピンチカラーを使用するのほうが合理的です。

犬用のプロングカラーが必要な理由、それから使用方法

犬用プロングカラー

「来い」と言うコマンドであろうと、「ダメ」であろうと、金属製のプロングカラーは良い助けになります。特に子犬ではなく、大人犬の訓練の場合、ピンチカラー は効果的です。

例:リーシュをつないで犬と歩くと、犬はいつも引っ張ります。それで質問ですが、誰がリードですか?よく犬が飼い主を引っ張るようなケースがあります。ピンチカラー によって、犬が飼い主を引っ張るのではなく、飼い主が犬を必要な方向にリードをすると言うことになります。それはkん担ではないとご理解してください。普通の首輪ではなく、プロングカラーを使っていれば、訓練が素早く進みます。しかし、それは必ずしも必要なものではないので、状況に応じて、スパイクカラーをお使いください。


ステンレス製の犬用ピンチカラー

犬用ピンチカラー

一般的な犬の首輪と同じように、犬用のプロングカラーを簡単に使用できます。 (必要に応じて)首輪の予備のリンクを外した後、カラーを犬の首に着用します。バックル、それともスナップフックによって、犬にピンチ首輪を着脱できます。普通の首輪をつく場合、引っ張る癖をんくす必要があります。いろいろなトレーニングがありますが、スパイクカラーはその手伝う方法です。

例:リーシュ を犬のスパイクカラーにつけて、引っ張りなしで歩くことができるとしましょう。他の人やペットが急に現れたら、犬が反応します。そう言う反応をコントロールするのにまたピンチ首輪が必要です。

拾い食いの癖の場合にも、スパイク首輪が効果的です。もちろん、マズルもいい方法です。拾い食いをコントロールするにはピンチ首輪が良い方法です。

猫と犬を両方を飼う場合、猫と犬は仲が良くありません。犬が攻撃的になる場合、最初は猫を攻撃しては行けないと言うことをプロング首輪を使って、説明できます。

犬用スパイクカラー

犬用のプロングカラーのもう1つの利点は、とげを外側に向けて、普通のカラーとして使用できます。現時点では普通の犬の首輪を持っていない場合、そのご利用方法もあります。

犬用のプロング首輪の使用については長い間話をすることができますが、最も重要な原則は次のとおりです。犬に痛みを与えないようにする必要があるのですが、犬がスパイクを感じる必要があります。そのバランスを維持するのは大事です。

犬用のプロングカラーがいいですが、賞賛やおやつなどのご褒美を使う集団についても忘れないようにしてください。!犬に力を使って実行させるよりも、犬を前向きにさせて、感情を刺激をした方がよいです。

犬の引っ張りから何も助からないなら、プロングカラーによって犬の行為を改善しましょう!このようなステンレス鋼製のプロングカラーは最適です!