プロングカラーの正しい使い方

トレーニング用首輪を使っているのに、問題解決にならないという声が時々聞こえますが、一体どういうことでしょうか?

確かにプロングカラーを頻繁に使って、そしてバラバラと引っ張ったら、犬はそういう状況に慣れて、プロングカラーは効かなくなります。トレーニングとしつけの効果が首輪によって出るように、どう使えば良いですか?

まずはピンチ首輪が耳の後ろと顎の下に位置する必要があります。真ん中のプレートがある場合、そのプレートが顎の下に位置します。

犬が引っ張ったら、それとも刺激物に反応して近づこうとしたら、短く、力強い引っ張りをして、後は、緩めてください。

もしバラバラと引っ張ったら、犬はこの嫌な感覚に慣れて、プロングカラーは効かなくなります。

プロング首輪は一見危ない元として見えますが、実際はスパイクが鋭くなくて、締め付ける限定もあります。正しく使ったら、犬の母親のはのようにワンチャンが感じますので、しつけに効果的です。子犬の時ワンチャンの母親がよく犬の首を口で締め付けて、ワンコを他の場所に運んだり、危ないところに行かないように、止めたりしました。そういう覚えがあるワンチャンたちはプロングカラーもこの母親の歯のように感じます。

もちろん、バラバラと引っ張ったら、犬に怪我でも与えることが可能なので、犬の安全性を考えて、お使いください。

プロングカラーはトレーニング用具なので、ドッグは日常散歩に引っ張らなくなったら、普通の首輪を使っても良いです。

犬の引っ張りから何も助からないなら、プロングカラーによって犬の行為を改善しましょう!このようなステンレス鋼製のプロングカラーは最適です!