IGP(IPO)国際訓練試験について

IGP(IPO)国際訓練試験

IGP(IPO)国際訓練試験は国際犬試験であり、三つに分けられています。
一つ目はIGP1で、足跡追及です。犬が嗅覚を使って、跡を残しているものを探しています。犬ごとに別々のコースが準備されています。コースで物を見つけるごとに指導者にお知らせします。

指導者の左側につき歩く犬
二つ目は服従です。他の言葉で言えばオビィディエンス、オビィです。それは犬が指導者の左側につき歩いたり、招呼したり、ダンベルの持って来たり、「お座り」、「待て」、「伏せ」などのコマンドの訓練です。

犬 訓練 IGP

三つ目は防衛の試験です。いぬはヘルパーの攻撃を怖がることなく彼を阻止し、逃走するヘルパーの動きを制御します。この訓練に指導者の指示に従いながら犬が自分の判断力を示す必要になります。

犬 トレーニング IGP国際訓練試験

各科目は100点満点で、全ての科目において70点以上達成したら、合格です。

このIGP国際訓練試験に警察犬、軍隊犬、使役犬だけではなく、普通の犬も参加できます。それは犬のスポーツであり、犬の力を発揮するために良い方法です。

犬には様々な能力があって、適切に訓練されれば、一般のコンパニオンペットでもIGP訓練試験に合格できます。

犬の引っ張りから何も助からないなら、プロングカラーによって犬の行為を改善しましょう!このようなステンレス鋼製のプロングカラーは最適です!