基本的な犬の訓練について

基本的な犬のトレーニング

基本的な犬用訓練には対象、練習、能力が入っています。トレーニングプロセスは、普通難しくなくて、時間と耐える力が必要です。

ではワンちゃんのしつけや社会化をどんな年齢から始めた方がいいでしょうか。実はしつけと社会化は別の用語なので、それぞあれの意味合いから説明を始めたいと思います。

子犬訓練

犬の社会化とは、周りにいる犬、動物、人間と落ち着いて接し、車などの運輸を追いかけられないようにするとか、家でも外でも適切な行為をするようにという犬を訓練するプロセスです。

犬のしつけに関しては、それは犬が従わないといけないコマンドのシステムのことです。犬がいろいろな課題を行うには、特別なコマンドを解る必要があります。そのコマンドは基本的な犬のしつけの指令です。訓練がうまくいくために、第一にすべきことは、リード位を取ることです。

このように犬が家に現れたら、すぐにしつけを始めるのは大事です。基本的な犬の訓練は生後2ヶ月の時に始められます。2ヶ月から3ヶ月の年齢で、子犬の訓練は一番効果的です。それは効果的な期間ですが、その短い期間で全てのコマンドを教えるというわけではないです。犬の訓練は犬一生続けられます。

犬のトレーニングには一日数分が十分です。それを定期的に行ったら、大きな結果となります。1日に5−10分の訓練を数回やることができます。飼い主の声と口調は犬の耳を傾ける動機にする必要があります。それは訓練と成功への犬の興味の鍵です。原則として、自宅での基本的な犬の訓練は、「待て」、「家」、「来い」、「ダメ」のコマンドから始まります。 これらは、子犬の基本的な訓練コマンドです。

犬の引っ張りから何も助からないなら、プロングカラーによって犬の行為を改善しましょう!このようなステンレス鋼製のプロングカラーは最適です!